Woman

胃の癌の詳細

Sky

初期状態では完治率が高い

胃の重大な病気の1つに胃がんがあります。これらは、昔から日本人に多く発症している癌であり、塩分の取り過ぎなどの食生活が主な原因とされてきています。また、ウイルスによる感染でも発症する可能性があります。昔から日本人にとって脅威になってきた病気ですので、当然ながら胃がんの研究も日々行ってきて、特に日本では胃がんの研究が進み、今では高い治療、検査レベルになっています。そこで、特徴としては、初期状態では完治率が高くなっています。これは、他の癌と比べても日本では完治率が高くなっており、以前よりも怖い病気ではなくなってきています。ただし、進行している状態ですと、今の治療技術でも難しい状況になってきますので、その点は誤解しないようにします。

進行している状態の減少

胃がんですけど、今後は、進行している状態の減少というのが期待されます。その理由にはいくつかあります。まず、1つ目が治療技術の進歩になっています。早めに見つける事ができれば、進行するような状況になる可能性は低く、進行していない状態できちんと治療して完治できる可能性が高くなっています。また、胃がんへの意識が強い人が多くなっていますので、定期的に検査を受ける人も多くなっているのも1つの理由です。今の胃がんの検査技術は高く、小さい癌細胞でも発見する事ができますので、定期的に検査をする事によって、初期状態で見つけやすくなっています。このように、さまざまな理由から、今後は進行して、悪化している胃がんが少なくなる可能性があります。